そんなこと いわれても 倒れる時には前のめりでありたいと。
FC2ブログ

倒れる時には前のめりでありたいと。

先月の「泉ナニガシの歴史散歩」なる番組が頼朝公の特集であった。
あの、源氏山の銅像の映像なんかを流したりね。青空に映える緑青の浮いた銅像が。

筆者、近年はまったく出不精で美術館も博物館も神社仏閣にすらも行かない人なんですけれどね。
以前はよくなんかの企画展とか観に行っていたし、元旦には早起きして神社に行ったりしていたんですよ。

鎌倉なんかは大好きで、季節毎に訪れていました。鎌倉のガイドブックの数々は愛読書と言っても過言では無いくらいだったんだ。懐かしいなあ。
お寺、神社は元より、切り通しは兎に角通らなきゃという使命感に突き動かされ、ハイキングコースだってほぼ制覇していました。勿論ハイキングコースで気付いたら道に迷っていた事だってあったさ。だって御劔だもん。
戻ってから皆に土産話をする際、「今回も迷子になって日が暮れてきて這々の体で帰ってきた」と楽しげに言えば、「あなたが絵地図なんかじゃ駄目でしょ」と怒られたり。

鎌倉で何度か試みて達成できなかった事、それが源氏山公園に行って頼富公の銅像を見る事だったんだ。なんだろうねえ、銭洗弁天までは余裕なのに、其処だけどうしても辿り着けなくて。住宅地を延々と彷徨って行き倒れになる直前に北鎌倉駅に着けたというのが最後のチャレンジだった……。

そんな事を考えながら、テレビを見ていた訳です。
そういえば私はよく道に迷う人だけど、大手町の将門公の首塚はきちんと辿り着けるんだ。何ですか、人によっては何故か辿り着けないという話を聞いていたので、ああそれじゃあ私、マサカド様から少なくとも嫌われてはなかったんだなあって、其処まで考えはハッとする。つまりそういうことじゃね?
頼朝公の銅像の元まで辿り着けないのも、反対に首塚には迷子にならずに着けるのも、スーファミの「真・女神転生」の時からのマサカド様のファン(関連書籍による洗脳とも言う)だからじゃね?
……じゃあ辿り着かん罠。
えーいやでもさー。あんまり平家vs源氏って括りで考えた事無くてー。そっかー。
もし今行ったら銅像に辿り着けちゃうんだろうか? それはそれで何かさみしいです。なんか。
暫く詣でてないもんなあ。んー。



関係ないけど「バンケツ」のマサカドサマいいよね。怨霊化した日帝様ってカンジのデザインでですごくいいよね! 最近では「こちらはリアル将門公とは別物だからー!」と自分に言い聞かせて割と遠慮無くニヤニヤしています。えへ。



***



お薬ポケットを買ってきたからには、最早飲み忘れは無いぜと確信してた頃もあったね。
こないだ夜の薬飲んだか忘れちゃって、それで残りの個数を確認してみたら、あるまじき数が残っていた。管理が雑だから……





スポンサーサイト
プロフィール

御劔

Author:御劔
女性向けのおはなしの同人誌を作っています。
・・・が、ならば女性なら楽しめるのかっていうと、それはまた別の問題よねって。
でも頑なに言い張る。女性向け、と。
それと、絵は無い。字だけ。絵は無い。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク